読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マッサージ師の町家間借り日記

京都の真ん中、室町二条の京町家さいりん館2階の一室でマッサージをやっています。界隈の町の様子、美味しい情報、趣味のつぶやき、たまに健康アドバイスなどもアップしていきます。www.healthtrail.jp

太極拳と台湾茶&おてらカフェ

 

こんにちは田井です。

今回のおてらカフェは、いつものコラソンさんのコーヒーとワンコインマッサージに合わせて、太極拳×鴨茶さんの体験をさせていただきました。

私も前回のヨガ同様、太極拳にも非常に興味があります。健康維持だけではなく、予防医学から見ても大変魅力的だと思います。本格的なトレーニングは無く、皆さんもご存じのように現在の太極拳(元々は拳法ですから激しいはずですが)の形はゆっくりで高齢者から子供まで気楽にできケガのリスクも少ないので西洋医学的にも密かに注目されているみたいですし、私も体験してみたいです。あん摩(マッサージ・指圧は別)も太極拳も中国で生まれ、気血の流れをスムーズにし疾病やストレスなどの予防や治療に効果的だと東洋医学では考えられています。

そもそも気の概念は、古代中国人が自然現象に対してもった素朴な認識で、古代中国人は、あらゆる自然現象を気の変化としてとらえ、季節の移り変わり、生き物の誕生と死など、この世のあらゆる事物はすべて気の運動変化によって生ずるものであり、万物は気によって構成されているととらえ、これが東洋の気の思想で、今日においてなお日常の中に生きていると考えられており、天気、気候、気象、空気、元気、気分、気持ち、気合い、気力、電気、磁気、病気など日常用語の中でも気の付く言葉は非常に多く使われており、東洋の気の概念が日常生活でも知らず知らずに取り入れられている証拠です。

例えばカゼと普段使っておられると思いますが、漢字に直すと風邪、東洋医学では「ふうじゃ」と言いますが、いわゆる邪気が体に入った現象の事で、それらを判別する場所や治療する場所が、経絡や経穴(気の流れる所と溜まる所)で、いわゆるツボと言われる所です。東洋の思想は案外身近にあって、知ると面白いですよ。

きょうの参加者の皆様は、朝早起きし、コーヒーやお茶を飲みながら歓談したり、太極拳で気の流れを感じて、あん摩(マッサージ・指圧)で日常の疲れやストレスを緩和するというとても贅沢な過ごし方ができたのではないかと思います。

次回もぜひご参加ください!

f:id:healthtrail:20160715144411j:plain

f:id:healthtrail:20160715144523j:plain

 

京都の町家で本格マッサージ、“ヘルストレイル”
までご予約を!!

〒604-0011

京都市中京区冷泉町65
室町通二条上る東側)
京町家さいりん館2F
HealthTrail Massage Room (OPEN 11:00-20:00)

烏丸御池駅から徒歩約5分

事前予約制:予約サイトもしくは電話090-9697-7255

ホームページ:www.healthtrail.jp