読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マッサージ師の町家間借り日記

京都の真ん中、室町二条の京町家さいりん館2階の一室でマッサージをやっています。界隈の町の様子、美味しい情報、趣味のつぶやき、たまに健康アドバイスなどもアップしていきます。www.healthtrail.jp

身体のメンテナンスで疲れの借金をためない!

f:id:healthtrail:20161010081151j:plain

こんにちは。

ヘルストレイルのマッサージ師の田井です。

 

皆様、体調の方はどうでしょうか?先日まで台風の影響があり、寒暖差と湿度が高かったので、お疲れは溜まっておりませんでしょうか?今後、秋から冬に向けて体調が崩れがちな季節になりますので、お身体お気を付けくださいませ。

 

今回は患者様(お客様)が、どれくらいのペースでマッサージに通えばよいのかと尋ねられたので、この場を借りお答えしたいと思います。

最初にご来店される方は、首・肩・腰コリや足の疲れなどが辛くなりこられると思いますが、その後また疲れが限界になるまで我慢されご来店される方がほとんどだと思います。

 

私からのご提案なのですが、疲れが限界になる前にご来店されるのをお勧めいたします。例えばですが美容院・床屋さんに行かれるように2週間に1回~月1回のペースで、ご自身のお身体・ストレスのメンテナンスとお考え頂き、辛さが限界になるまで我慢するのではなく、食事や運動と一緒で定期的に心身のバランスを整える感覚で、ご来店いただければと思います。

 

お身体が辛いのにゴマカシゴマカシで、ある日突然ギックリ腰や首や肩の筋を違え動けなくなったり、最悪の場合椎間板ヘルニア・五十肩・坐骨神経痛・膝痛などマッサージで対応できる症状だったら良いのですが、進行し過ぎていて外科的手術などにならないように、お疲れの借金を無くす為にも定期的に床屋さんや運動をされるように、気楽にご来店いただければと思います。

 

スポーツ選手が試合前後などにマッサージを行っているのを見た経験は有りませんか?身体を温める事もあるのですが、練習や試合後の疲れを取り除くためにも行っている行為です。スポーツ選手やヨガの先生などに施術した際にも、やはり疲れ(コリ)が溜まっていました。運動とマッサージは別物です。またこのお話は長くなりますので別の機会に。

 

それではあなたとあなたの大切な方への心身の疲れを取れるようご準備しています。皆様方のお越しをお待ち申しております。

 

京都の町家で本格マッサージ、“ヘルストレイル”
までご予約を!!

〒604-0011

京都市中京区冷泉町65
室町通二条上る東側)
京町家さいりん館2F
HealthTrail Massage Room (OPEN 11:00-20:00)

烏丸御池駅から徒歩約5分

事前予約制:予約サイトもしくは電話090-9697-7255

ホームページ:www.healthtrail.jp